LUTS

  • HOME>
  • 尿漏れ・尿失禁・頻尿などの尿のお悩み

lower urinary tract symptoms尿のお悩みは泌尿器科クリニックへ

尿のお悩みは泌尿器科クリニックへ

泌尿器科へよくご相談いただく尿のお悩みとして、尿漏れ、尿失禁、頻尿などがあります。
これらはQOL(生活の質)の低下を招くだけでなく、症状の奥に病気が隠れている場合がありますので、お一人で悩み続けずに東梅田内本泌尿器科へご相談ください。
当院ではお薬や体操・トレーニングなどの従来の治療に加えて、新しい治療として“インディマレーザー”を関西初導入、“エムセラ”を全国の泌尿器科として初導入していて、先進的な治療を行っております。

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 尿が漏れる
  • トイレが間に合わない
  • すぐにトイレに行きたくなる
  • 夜中、何度もトイレで起きる
  • くしゃみをした時に尿が漏れる
  • 残尿感がある
  • 尿が出にくい
  • 腹部が張っている

など

このような尿のお悩みがございましたら、お気軽に東梅田内本泌尿器科へご相談ください。

よくある尿のお悩み

尿漏れ・尿失禁

尿漏れ・尿失禁とは、ご本人の意思にかかわらず尿が漏れたり、出てしまったりしてしまうことを言います。
日常生活が不便となり、QOL(生活の質)を招くことがありますので、「年齢のせい」と諦めずに一度当院へご相談ください。

尿漏れ・尿失禁の種類

■腹圧性尿失禁

くしゃみをした時や重い荷物を持ち上げた時などに、腹圧がかかって尿が漏れてしまいます。
女性に多くみられ、加齢、肥満、出産などにより骨盤底筋が緩むことが原因で起こります。

■切迫性尿失禁

急に尿意を感じて、トイレまで我慢できなくなります。
多くの場合、明確な原因なしに膀胱が収縮して切迫性尿失禁を来します。
男性の場合、前立腺肥大症が原因の場合もあります。

■混合性尿失禁

腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁が混合した状態で、女性の場合、これら2タイプの尿失禁が併発することが多いです。

■溢流性尿失禁

尿意はあるのに出せず、少しずつ出てしまうものが溢流性尿失禁です。
男性に多くみられ、前立腺肥大症が原因であることが多いです。

■機能性尿失禁

身体機能の低下や認知症などによって起こる尿失禁です。
足腰が悪かったり、認知症だったりすると、尿意を感じてもすぐに動けないため、トイレが間に合わずに失禁してしまいます。

頻尿

頻尿とは1日に何度もトイレに行きたくなることを言い、起床時から就寝時までに8回以上トイレに行く場合を昼間頻尿、就寝後から朝起きる前に1回以上トイレに行く場合を夜間頻尿と言います。
頻尿の原因は様々で、ストレスや緊張などが関与している場合もありますが、前立腺肥大症や膀胱炎などの泌尿器科疾患が原因で起こることもありますので、頻尿でお困りでしたら一度当院へご相談ください。

またご自身の意思とは関係なく膀胱が収縮する“過活動膀胱”という病気が原因の場合もあります。

(※過活動膀胱について詳しくはこちら

尿のお悩みへの治療

膀胱訓練

意識的にトイレで排尿を少し我慢して、膀胱の本来の機能を取り戻すトレーニングです。
膀胱は本来、2~3時間で300~400ccの尿が溜められるので、トレーニングにより突然の尿意が我慢できるようにします。

骨盤底筋体操

尿道のまわりにある外尿道括約筋や骨盤底筋を強化することで、尿失禁などの尿のお悩みを改善します。
軽度の腹圧性尿失禁であれば、これだけでかなりの改善が期待できます。

薬物療法

尿のお悩みを改善するために、抗コリン薬やβ3受容体作動薬などを処方いたします。

尿のお悩みへの新しい治療

インティマレーザー治療

当院ではデリケートゾーンのお悩みへの新しい治療として、インティマレーザー治療を行っています。
膣内や外陰部、尿道などのレーザーを照射することで、膣のゆるみや尿漏れ、頻尿などのお悩みを解消いたします。

(※インティマレーザーについて詳しくはこちら

エムセラ

エムセラとは座るだけで尿漏れや膣のゆるみを治す治療器で、骨盤底筋の衰えを“座るだけ”で治療することができます。
服を着たまま治療が受けられて、切開なしの負担のない治療なので、治療後すぐに普段の生活に戻れます。

(※エムセラについて詳しくはこちら

PAGE TOP

TEL

WEB予約

エムセラ専用
WEB予約