Urine

  • HOME>
  • 血尿・尿タンパク

Urine血尿が出た時はすぐにご連絡を

血尿とは?

血尿とは?

血尿とは尿に血が混じっている状態を言い、目で見てわかるもの(肉眼的血尿)から健康診断を受けてわかるもの(顕微鏡的血尿)のほか、肉眼ではわからないが尿に血が混じっているもの(尿潜血)などに分類されます。
血尿がある場合、腎臓や尿路(腎臓から尿道まで)などで異常が起こっている場合があり、腎炎や膀胱炎、尿路結石、そして前立腺がんや膀胱がんが見つかるケースもありますので、血尿が出た時は東梅田内本泌尿器科へすぐにご連絡いただき、適切な検査を受けるようにしましょう。

こんな病気の可能性があります

  • 慢性腎炎
  • 腎盂腎炎
  • 膀胱炎
  • 尿路結石
  • 前立腺炎
  • 前立腺がん
  • 膀胱がん

など

血尿に加えて症状がある場合は特に注意

血尿だけでなく、頻尿、残尿感、排尿時痛、腰・脇腹の痛み、尿タンパクなどの症状がある場合、特に注意が必要です。
腎炎や膀胱炎、腎盂腎炎、尿路結石などの可能性があります。
血尿に加えて気になる症状がある時は、特に注意してすぐにご相談ください。

血尿に加えてこんな症状はありませんか?

  • 何度もトイレに行きたくなる(頻尿)
  • 残尿感がある
  • トイレの時に痛みがある(排尿痛)
  • 尿が濁る
  • 腰・脇腹が痛む
  • タンパク尿が出ていると指摘された

など

血尿の色について

正常な尿の色は薄い黄色から茶褐色までとされていますが、血尿には赤茶色、オレンジ色、ピンク色、濃い赤色などの色の種類があり、血尿の色からどの部位で異常が起こっているのか推測することが可能です。

血尿の色と異常が推測される部位

血尿の色 異常が推測される部位
赤茶色 腎臓
オレンジ色 肝臓
ピンク色(鮮明な赤色) 尿道、膀胱、腎臓など
濃い赤色 尿道、膀胱など

健診で尿タンパクを指摘された

尿タンパクとは?

尿タンパクとは、腎臓の機能が低下するなどの原因により、本来は尿に排出されないタンパク質が含まれる尿のことです。
尿タンパクは腎臓の機能の低下や膀胱炎のほか、疲労の蓄積などで起こることがありますが、自己判断せずに一度東梅田内本泌尿器科へご相談ください。
「健康診断で尿タンパクを指摘された」という方も、そのままにせずにお早めに当院へご連絡ください。

こんな病気の可能性があります

  • 慢性腎臓病
  • ネフローゼ症候群
  • 糖尿病性腎症
  • 尿路感染症
  • 尿路結石
  • 膀胱炎

など

まずは尿を検査して診断します

まずは尿検査を行って、尿に含まれる尿タンパクの量を確認します。
病気以外にも、体質的なもので尿タンパクが出たり、疲労の蓄積が原因で出たりする場合もありますので、詳しく調べて確認します。
尿タンパクがある場合、腎臓病や尿路結石、膀胱炎などの疾患が疑われますので、泌尿器科専門医が的確に診断して適切な治療に繋げます。

PAGE TOP

TEL

WEB予約

エムセラ専用
WEB予約