梅田駅近くの泌尿器科【内本泌尿器科】 尿、おしっこのお悩み 小児泌尿器科 性感染症
  • お問い合わせ先
  • ネット予約

性感染症

性病のお悩み専門サイト 監修:東梅田内本泌尿器科

性感染症

性行為(口内行為も含む)が原因で引き起こされる感染症です。クラミジアや淋菌などを保有している人と性行為をすることにより、原因となる細菌やウイルスが付着した粘膜が触れ合い、人から人へと感染します。

性風俗店などでは、性感染症を防止するための対策を色々と行っている店舗も多く、性感染症が広がらないようにしているようです。しかし、完全に食い止めることは難しく、淋菌感染症や性器クラミジア感染症になるケースもあります。

また、最近は不特定多数のセックスパートナーとの性交渉やセックスの多様化により、風俗店以外での場で性感染症になるケースも、ごく一般的に見られるようになりました。

性感染症の多くは、早期に発見し治療すれば治すことができます。
簡単な血液検査、膣分泌液検査などで判りますので心あたりのある場合は、パートナーといっしょに検査を受けましょう。

健康保険を使用しない検査や治療のご相談も承ります。

性感染症は予防できるの?

既に多くの方がご承知のことかと思いますが、性感染症を予防するには、コンドームを常に正しく使用することが大切です。これにより、細菌やウイルスなどの付着した粘膜との接触を防ぎます。

但し、実際には間違った使い方をしているケースが非常に多く見られます。当クリニックでは、コンドームの使用法を含め、性感染症を予防するための方法についてアドバイスを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

代表的なSTDの種類

疾患名をクリックしていただくと詳しい説明をご覧いただけます。

また、健診目的での性病検査(自費診療)にも対応しています。(詳しくはこちら

【クラミジア感染症】

どのような病気?

10代から20代に感染者が多い病気でクラミジア・トラコマティス菌によって引き起こされる感染症です。
クラミジア感染症は初期症状がでにくいため、放置すると慢性化することがあります。

どのような症状?

【男性】

  • 排尿時に軽いかゆみ
  • 排尿時の痛み
  • わずかな違和感
  • 尿道から白っぽい膿がでる

【女性】

  • 無臭で白い粘液状のおりものが増える

※比較的気づきにくい症状ですが、そのまま放置しておくと、不妊症や子宮外妊娠、流産の原因になることもあります。

尿検査、尿道分泌物検査、血清抗体検査などの検査で診断は容易です。 早めの治療が必要となります。

どのような治療?

ジスロマック(内服薬)が最も効果があります。最近、以前使われていたクラビット(ニューキノロン系)などは効果が期待できません。
ジスロマックで約90%の感染が治るとされており、海外では非常に多く使われています。日本でもよく使われるようになりました。ジスロマックは胎児に影響しないとされているので、妊婦にも使用が許されています。
治療で症状がなくなっても30日(約1か月後)の再検査をおすすめします。

【淋病】

どのような病気?

淋菌によって引き起こされる感染症です。

どのような症状?

【男性】

  • 排尿時の痛み
  • 悪臭を伴う濃い黄色(または濃い緑色)の膿が尿道からでる

※淋菌が2~7日の潜伏後尿道内で増殖し尿道炎症状を引き起こします。しばらくすると自然に痛みもとれ治ったかのように思いますが、実際は治癒しているわけではなく尿道内に菌が潜伏したままですので、知らぬうちにパートナーにも感染させてしまうことになります。

また、放置しておくと男性の場合、前立腺炎や副睾丸炎を引き起こす場合がありますので、注意が必要です。

【女性】

  • おりものの色が黄色に変わる
  • 下腹部の痛み(症状がかなり進んでいる状態)
  • 不正出血(症状がかなり進んでいる状態)

※女性は無症状な場合もあります。

どのような治療?

最近はクラビット(ニューキノロン系)などが効かない淋菌も多く存在します。 セフトリアキソン(抗生剤点滴)でほぼ治癒が可能となっています。

【性器ヘルペス】

どのような病気?

単純ヘルペスウイルスの感染によって、性器の皮膚や粘膜に痛みを伴う水疱や潰瘍をおこす病気です。
発熱などの全身症状を伴う事が多いのが特徴です。

どのような症状?

感染後約4日から10日くらいで発症します。

【男性】

  • 亀頭部などに小さなブツブツができる
  • 痛痒い
  • 発熱
  • 水泡ができる

【女性】

  • 陰唇などに小さなブツブツができる
  • 痛痒い
  • 発熱
  • 水泡ができる
  • 排尿時の痛み

一度かかると治りにくく再発する可能性の高い病気なので、しっかりした治療が必要です。

【カンジダ性包皮炎・膣炎】

どのような病気?

カンジダは常在菌のため、性行為が原因でなく発症することも多い病気です。
男性・女性に関わらずかかる病気で、身体の中に自然にいるカンジダというカビの一種が原因となります。
体の抵抗力が落ちた時や、抗生物質を使用した時に菌交代症と言われカンジダ症になることもあります。

どのような症状?

【男性】

  • 亀頭や包皮が赤みをもち、痒くなる

【女性】

  • 膣の中が痒くなる
  • 灼熱感
  • ヨーグルト状のおりもの
  • 性交時の痛み

どのような治療?

【男性】

患部に抗真菌剤のクリームを塗ります。

【女性】

抗真菌剤の膣錠(膣の中に入れる薬)を使います。そのほかにも軟膏を塗ることもあります。

【梅毒】

どのような病気?

梅毒トレポネーマという菌によって引き起こされる感染症です。 一昔前には梅毒で死ぬ人も多かったのですが、ペニシリンの発見後は治療で完全に治る病気となりました。

どのような症状?

感染後3週間で、発症します。

【男性】

  • ペニスに、小豆大のしこりができる
  • 約3ヶ月経つと全身に小さい赤い斑点(バラ疹)が出現
  • 発熱
  • 関節痛

【女性】

  • 大小陰唇や子宮頸部に小豆大のしこりができる、
  • 3ヶ月経つと全身に小さい赤い斑点(バラ疹)が出現
  • 発熱
  • 関節痛

※症状が出ないこともありますが、血液梅毒検査で診断できます。

どのような治療?

経口合成ペニシリン剤を服用します。

【尖形コンジローマ】

どのような病気?

ヒトパピローマウイルス(HPV)によって引き起こされる性感染症です。

どのような症状?

性器やその周辺に淡紅色または褐色調のいぼが多発し、カリフラワーのような形状になることもあります。一般的には自覚症状が少なく、痒みや軽い異物感を感じる程度ですが、疼痛が生じることもあります。

どのような治療?

外科的療法と薬物療法があります。病変の大きさ・数・性状・再発傾向・治療歴などをふまえて、外科的療法と薬物療法(塗り薬)のどちらかを選択します 外科的療法については、当院ではレーザーによる蒸散術をおこなっています。(自費診療) 

健診目的での性病検査(自費診療) ☆開院特別価格

  • 当院では初診料と再診料をいただいておりません

B型肝炎・C型肝炎・梅毒・エイズ(HIV)、クラミジア(尿・咽頭)、淋菌(尿・咽頭)、トリコモナス、カンジダなどの検査も男女を問わず可能です。どのような組み合わせでもご希望の項目を検査いたしますのでお気軽に相談ください。

※税抜き価格

HIV 3,000円
梅毒 3,000円
B型肝炎 3,000円
クラミジア・淋菌PCR(尿・のど・膣分泌液) 各々4,000円
C型肝炎 3,000円
精液検査 3,000円
膣培養 3,000円

ブライダルチェック

多くの性感染症は、分娩時に赤ちゃんに感染する可能性が高く、赤ちゃんの健康に悪い影響を及ぼすことが知られています。
妊娠をご希望の方へ、いわゆるブライダルチェック項目の一つとして、性感染症の検査を行います。

メンズトータルチェック

※税抜き価格

HIV+梅毒+B型肝炎+C型肝炎+クラミジア・淋菌(尿+のど)+尿培養 18,000円

メンズブライダルチェック

※税抜き価格

メンズチェック+精液検査 20,000円

レディーストータルチェック

※税抜き価格

HIV+梅毒+B型肝炎+C型肝炎+クラミジア・膣分泌液+膣培養(カンジダ トリコモナス) 18,000円

レディースおりものセット

※税抜き価格

クラミジア+淋菌(膣分泌液+のど)+膣培養(カンジダ・トリコモナス) 9,000円

ひとまず安心セット 

感染の機会からすぐに検査できます

※税抜き価格

クラミジア+淋菌PCR(尿or膣分泌液+のど) 6,000円
性病のお悩み専門サイト 監修:東梅田内本泌尿器科
ページ
TOP