梅田駅近くの泌尿器科【内本泌尿器科】 尿、おしっこのお悩み 小児泌尿器科 性感染症
  • お問い合わせ先
  • ネット予約

尿もれ・尿失禁・頻尿

尿もれ(尿失禁)

尿失禁とは、本人の意志に反して尿が漏れてしまうことです。軽いものも含めると40歳以上の女性の約4割が自覚しているといわれています。少し漏れるだけでも、外に出るのがおっくうになり、楽しい旅行などもひかえたり、家に閉じこもるようになったりします。なかなか人に言えずに悩んでいる方も多く、実際に尿漏れがあっても約半数の方が病院を受診されずにそのまま放置されているというデータもあります。
まずはその原因と症状について理解しましょう!

尿もれ・尿失禁のタイプ

(1)腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁は、咳、くしゃみの瞬間や、立ち上がった瞬間、階段を降りる時など、お腹に力(腹圧)が加わる時に生じる尿失禁です。パンツがすこし濡れる程度からズボンがぬれるものまであります。

腹圧性尿失禁は女性によくみられます。女性の場合は加齢、肥満、出産により徐々に骨盤底筋が緩んできます。そしてこれらの筋肉が緩むと膀胱が下がり、腹圧が加わったときに尿道をしめる力が弱くなり、尿が漏れるようになります。ひどい場合は膀胱が下がってきて股に何か挟んでいるような不快な状況に陥ることもあります。

男性の場合でも前立腺癌に対する全摘術後に尿道括約筋の力が弱くなり、腹圧がかかったときに尿が漏れるようになります。

(2)切迫性尿失禁

急に強い尿意を自覚して、トイレまで我慢できずに漏れることです。
体重増加や出産などによる尿道のゆるみ、脳梗塞や脊椎狭窄症などの脳や脊髄の病気によって膀胱の抑えが効かなくなる、血行が悪くなって膀胱が硬くなるなどが原因となっておこります。

(3)混合性尿失禁

腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁が混じった状態の事です。女性の場合は骨盤を支える筋肉が緩んでいくと同時に膀胱への血流が弱くなることが多いために、これら二つが同時に起こることがあります。

(4)溢流性(いつりゅうせい)尿失禁

年をとってくると膀胱が硬くなり過活動膀胱になり尿が漏れやすくなることが多いですが、足腰が弱ってきてしまうと最後には排尿する機能が落ちてしまい、いつも尿が残っている状態になることがあります。膀胱がパンパンになり、貯められなくなった尿がチョロチョロ溢れるようになるのが溢流性尿失禁といいます。
女の人ではあまりおこりませんが、高度な前立腺肥大症の方でもおこることがあります。

(5)機能性尿失禁

足腰が弱ってきてトイレに間に合わなくて廊下などで漏れてしまう事です。
認知症や寝たきりの方ですとトイレに行こうとしても早く動けないため間に合わないのです。

尿もれ・尿失禁の治療

尿失禁の原因は、加齢、出産、ホルモンバランスの乱れ、体重増加、骨盤内の血流低下などです。そのため運動や減量などがガイドラインでもすすめられています。
また軽いものでしたら膀胱訓練や骨盤体操でも十分に効果があります。

【膀胱訓練】

突然に尿意がきても我慢することで、本来の膀胱の機能を取り戻すようにすることです。本来、膀胱は2−3時間で300−400cc程度の尿をためられるもので、それを目標に少しずつ排尿の間隔を伸ばす訓練をしていくのです。
「我慢したら失敗するのにそんなことできない」と思う方でも、トイレに入ってから少し我慢するだけでも効果があるのでやってみてください。

【骨盤体操】

ヘソの下に力を入れて内臓を上に引き上げるようにして、ゆっくり肛門や膣、尿道に力を入れることを繰り返します。1日何回か思い出したらやってみましょう。正しい姿勢でのスクワットも効果があります。
軽い腹圧性尿失禁はこれだけで改善が見込めます。骨盤底にはハンモックのように筋肉があり膀胱や直腸や子宮を支えています。その筋肉が緩んできて膀胱や子宮が落ちてくることが原因ですのでその筋肉を鍛えることが大切です。

【薬による治療】

抗コリン剤やβ刺激薬などがよく使用されます。

抗コリン剤

膀胱が急に収縮することを抑えて膀胱をリラックスさせる薬です。副作用に口渇や便秘があります。また認知機能に影響があることもあり、高齢者では注意して使用するようにいわれています。

β刺激薬

比較的新しく発売された薬です。抗コリン剤と違い口渇や便秘などの副作用はありませんが、血圧や脈拍に影響することがあり、心疾患に注意が必要です。

手術による治療

腹圧性尿失禁や骨盤臓器脱に対しては手術治療が有効です。
腹圧性尿失禁に対しては2000年頃からメッシュテープを入れて下がった尿道を吊り上げる手術がおこなわれるようになりました。TVT手術や、TOT手術といったものです。
また骨盤臓器脱にたいしては膀胱を持ち上げるよう大きなメッシュを入れるTVM手術もおこなわれてきました。最近では腹腔鏡でメッシュを子宮と膀胱の間に入れる手術(腹腔鏡下仙骨腟固定術)なども一部の病院では行われています。

これらの手術は習熟した術者では成功率が高い一方で、一度しかできず稀に症状が残ることがあります。合併症としてメッシュが膣や膀胱に露出したり、尿管の中にメッシュがでてきて結石ができたりすることがあります。またメッシュの位置によっては性行痛をひきおこすこともあります。それらの合併症は術後数年経ってから起こることもあります。メッシュは組織と強く癒着するため後から取り出すのが困難なことが多く、合併症がある場合はその後のQOL(生活の質)を著しく下げるといわれます。2011年にはFDA(米国食品医薬品局)から経膣的メッシュ手術に対する警告がだされ、欧米ではほとんど行われないようになっています。

一般の泌尿器科ではこういった手術の件数はあまり多くないことが多いので習熟度に問題がある場合があります。そのため件数が多い病院で受けられる方がいいと思います。
当院でも希望されれば、きっちりと紹介させていただきます。

【レーザーによる治療】

当院では開院に合わせて腹圧性尿失禁、混合性尿失禁、膣弛緩、骨盤臓器脱に対して有効なインティマレーザーを導入しています。
これはレーザーを当てて組織の若返りを目指す治療です。

膣の粘膜、および外陰部にレーザーを照射し、年齢とともに減少したコラーゲンの再生を促進して、周囲の筋肉を強くし、腹圧性尿失禁、臓器脱、尿道のゆるみといった症状の改善をおこないます。性交痛の改善や性機能の回復も期待できます。

治療にかかる時間は約30〜40分程度です。麻酔クリームによる局所麻酔のみで、入院の必要はなく日帰り手術となっています。

日本ではまだ保険適応はないため自費治療となりますがEUやカナダではちゃんとした認可を受けている治療になります。
従来のCO2レーザーなどと違い組織の表層に傷つけることなく、組織の奥深くまでレーザーが届きます。そのため副作用がほとんどなく、安心して受けていただけます。

ページ
TOP