梅田駅近くの泌尿器科【内本泌尿器科】 尿、おしっこのお悩み 小児泌尿器科 性感染症
  • お問い合わせ先
  • ネット予約

膀胱炎の治療

膀胱炎はどのような病気?

女性に多い疾患で、男性に起こるのは稀です。年齢を問わず罹患しますが、特に若い方に多く見られます。女性の外陰部から細菌が尿道に侵入し、膀胱粘膜で繁殖して起こります。
通常は菌が入っても感染防御機能が働いて膀胱炎にはなりませんが、次のような要因が重なることで膀胱炎になります。

膀胱炎の要因は?

  • 体調不良
  • ストレス
  • 性行為
  • 疲れ
  • 冷え性
  • 尿を我慢しすぎた

膀胱炎の主な症状は?

  • 排尿痛
  • 排尿時違和感
  • 頻尿
  • 残尿感
  • 下腹部痛
  • 血尿
  • 混濁尿(尿が白く濁っている)
  • 尿臭が強い

膀胱炎の治療は?

細菌感染が原因の急性膀胱炎の場合、軽症ならば水分を十分に摂取して尿量を増やすことで治癒することもあります。
重症のときは、抗菌薬を服用し、原因菌を退治します。一般的には1~2日で症状が改善し、1週間以内には元通りの体調になります。しかし、症状が回復したとしても、自己判断で服用を中止してはいけません。もう一度尿検査を行い、治癒を確認する必要があります。
細菌の種類によっては抗生剤が効きにくいこともあり、その場合は薬を変えて治療します。たいていは初回と2回目の来院ですみます。

膀胱炎は予防できるの?

ページ
TOP